オフ会

ネットで出会った人とオフ会をする時に注意すべき6つのこと

この記事は、ゲーム仲間などとリアルで会うオフ会をする時に注意すべきことを書いた記事です。

 

「オフ会に参加したい!」

そう思っても、こんな不安も同時に思うのではないでしょうか?

 

悩める人
悩める人

ネットで知り合った人と会うのって怖そう。。。

 

僕も昔はそうでした。

初めて参加したオフ会は学生時代にAKB48のファンをしていた時でしたが、顔を知らない人と会うのはすごく緊張して不安だったのをおぼえています。

 

でもそれから、ゲーム友達やブロガー仲間とのオフ会を重ね、オフ会時に注意すべきことを身につけていきました。

 

この記事に書いている「注意すべき6つのこと」を実践していけば、あなたも安全で楽しく趣味友達とのオフ会を過ごすことができます。

結論としては、最初から無理に深くまで自分の素性を話したり相手の素性を聞こうとせず、
一定の距離感を保って相手を尊重しようということが大切です。

 

では、具体的にはどういう点を注意していったら良いのか詳しくお伝えしていきますね。

 

オフ会をする前に注意すべきこと

オフ会に参加する前に注意すべきこと2つはこちら。

 

1.相手に無理にオフ会参加を迫らない

 

まず、オフ会は主にTwitterなどのSNSで繋がった同じ趣味を持つ人と会う訳ですが、
例えSNS上で仲良くしていたとしても、無理にオフ会の参加を迫ってはいけません。

 

いがらし
いがらし

どうして仲良くなったのにオフ会に誘っちゃいけないの?

 

ライトニング
ライトニング

誘っちゃいけないわけではないよ。

ただ、SNS上には性別や年齢などの素性を一切明かさずに使いたいという人や、
仲良くなってもオフ会には参加したくないという人もいるんだ。

 

会話が弾み、実際に会ってみたい気持ちが出てきたとしても、
相手の気持ちを確認した上でオフ会をするようにしましょう。

 

また、一見不特定多数に向けたオフ会の募集も、
実は主催者が仲の良い人に向けて声をかけただけの場合もあります。

 

オフ会募集を見かけた際も、主催者に参加しても良いかしっかり確認した上で参加するようにしましょう。

 

2.参加メンバーを事前に確認する

 

次に大事なのがオフ会に参加するメンバーを事前に確認するということです。

 

いがらし
いがらし

主催者と仲良かったら他の人が完全初対面でも俺は気にしないけど。

 

ライトニング
ライトニング

そういう人もいるけど、初めて人と会うって時は緊張する人もいるし、
万が一に備えて自分や相手を守るために参加メンバーを周知させることは大事なことなんだよ。

 

何も知らないで参加したら実は異性の主催者と2人きりだった。

仲の悪い人も参加者に含まれており、オフ会を険悪なムードにしてしまった。

 

事前に確認しておかないともしかしたらこういうことになり、最悪トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

その為、参加メンバーを確認した上で下の2つを守って行動することをオススメします。

 

  1. 初対面の人とは2人では会わない
  2. 女性は1人では参加しない

自分と相手を守るために、オフ会主催者になった場合も上2つを徹底すると安全です。

 

オフ会中に注意すべきこと

オフ会中に注意すべきこと2つはこちら。

 

3.自分の素性を話し過ぎず、相手のことも聞き過ぎない

 

実際に会った嬉しさで自分のことを話したくなる気持ちもあるかもしれませんが、住んでいる具体的な場所や学校や職場は言わないようにしましょう。

 

いがらし
いがらし

親しくなった友達に素性を教えることがどうしていけないの?

 

ライトニング
ライトニング

何か贈り物をする際など、必要な時に必要な情報を伝えたり聞いたりするのは良いと思うよ。

でも、親しいからとすべてを話したり聞いたりせず、お互いのプライバシーは守ろうねってことなんだ。

 

自分の素性を話すのはまだ自己責任と言えますが、相手の素性を聞き出そうとする行為は時に相手を不快な思いにさせてしまうこともあります。

 

その時1回ですべてを教えたり知ろうとせず、ゆっくり信頼関係を築いていきましょう。

 

4.相手が楽しんで話せる話題を質問して聞いてあげる

 

話し過ぎないこともポイントですが、オフ会の初対面はネット上で話していた通りに話せないことも多いものです。

 

その為、こちらから積極的に話しやすい話題を振ってあげる良いでしょう。

 

いがらし
いがらし

自分ばっかり話さないように気を付けないといけないの俺だわw

 

ライトニング
ライトニング

相手を楽しませるために聞く側に回ることはコミュニケーションの基本だよね。

人と会う時は相手のTwitterやブログがあればそれをあらかじめ見ておくと、相手のことを事前に把握した上で会話ができるから喜ばれやすいよ。

 

自分が楽しむために相手を楽しませることを考える。

 

会う前のちょっとした意識で、より楽しいオフ会にできるかは変わるものです。

相手に楽しんでもらう配慮がより良い関係と楽しい思い出を作ってくれます。

 

オフ会後に注意すべきこと

オフ会後に注意すべきこと2つはこちら。

 

5.SNSに顔写真を載せる際は相手に確認する

 

トラブルの原因にもなりやすい顔写真の流出。

SNSに自分の顔を載せている人は多くはありません。

 

思い出にと撮った写真をSNSに載せたくなる気持ちは分かりますが、載せる際は写ってる人にしっかりと確認を取りましょう。

 

いがらし
いがらし

大規模のオフ会では思わぬ人が写り込んでる可能性もあるから、そもそも写真撮影がOKなのかは事前に確認する必要があるよね。

 

ライトニング
ライトニング

そうそう。あとはSNSに公開はしなくとも、共通のネット友達に勝手に写真を送ったりもしないようにしようね。

本人に気づかれないところでも、勝手に顔写真を流出させられて良い気持ちはしないからね。

 

顔写真流出問題は、悪気はなかったのにうっかりやってしまったということもあります。

 

不都合があったり、嫌な人はとことん嫌なので、顔写真の取り扱いは十分に注意しましょう。

 

6.参加メンバーに感謝の気持ちを伝える

 

これは注意というかもはや当たり前とも言えることですね。

 

実際に会ってみてどんな印象を受けたのか、人は相手からの印象を気にするものです。

本人に直接お礼を伝えたり、共通のSNSにオフ会の感想を載せたりすると喜ばれたりします。

 

いがらし
いがらし

「いがらしさんと会ってみたら面白くてかっこよくて素敵な人だった!」

なんてのを見たらそりゃ嬉しいもんなぁ笑

 

ライトニング
ライトニング

(この人よくばりすぎだ…)

思ってないことを書く必要はないけれど、良いと思ったことはそのまんま相手に伝えてあげたら喜ばれるよ。

 

オフ会後もSNSでの交流は続きます。

アフターのちょっとした気遣いで、また会いたいと思われる人になりましょう。

 

まとめ

「オフ会で注意したい6つのこと」いかがでしたでしょうか?

 

まとめです。

オフ会をする時に注意したいこと6つ
  1. 相手に無理にオフ会参加を迫らない
  2. オフ会前に参加メンバーを事前に確認する
  3. オフ会中は自分の素性を話し過ぎず、相手のことも聞き過ぎない
  4. オフ会中は相手が楽しんで話せる話題を質問して聞いてあげる
  5. オフ会後、SNSに顔写真を載せる際は相手に確認する
  6. オフ会後、参加メンバーに感謝の気持ちを伝える

 

大事なのはどれもちょっとした気遣いです。

 

自分を守りつつ、相手のことも守る。

踏み込み過ぎずにプライバシーを尊重することが結果として良い関係を築きます。

 

オフ会に限らず、人と会う時すべてで使えることなので、ぜひ意識してみてください。

 

ライトニング
ライトニング

楽しいオフ会にして、より良い友達を作っていってくださいね。