ゲーマーブロガーライトニングいがらしのプロフィール記事




この記事は、僕自身についての紹介記事です。

 

いがらし
「はじめまして、ライトニングいがらしです!」

 

ライトニング
当ブログのマスコットキャラクター「ライトニング」です!」

 

・ライトニングいがらしとは何者なのか

・どうしてブログを書く事にしたのか

・今後は何を目指すのか

 

このあたりを書いていきます。

これを読めば今日からあなたはライトニングいがらしを好きになるでしょう笑

 

ライトニングいがらしって何者なの?

まず、「ライトニングいがらし」という少し変わった名前ですが、
本名の五十嵐光を簡単に弄っただけです笑

 

元々は「ライトニング」という名前でしたが、
『ポッ拳』のプロゲーマーであり双子の弟のクロスいがらし(@CROSS130)と兄弟であることを分かりやすくする為に「いがらし」を足しました。

双子のゲーマーは少し珍しいので、『スマブラ』などの大会で目立てるようにと考え、
「ライトニングいがらし」という名前にしました。

 

また、いがらしを平仮名にしたのは、
AppBankの社長でありパズドラの動画で有名なマックスむらいさんが由来になっています。

 

ゲーマーとしてのライトニングいがらし

前述の通り、僕は大会に参加するくらいのスマブラのガチゲーマーです。

 

両親曰く、2歳の頃からゲームをしていたとのこと笑

 

裕福な家庭ではなかったので、あまりゲームソフトを買うことはできず、
兄弟と2人でお年玉を出し合って1本で長く遊べるソフトをずっと遊んでいました。

 

しかし、物心ついてからも双子の弟という対戦相手がいた為、
ゲームに飽きるという事は全くありませんでした。

 

こうした背景からも、僕が『スマブラ』にのめり込んでいったのは当然だったのかもしれません。

大人になってから大会があるということを知り、
そこから更に深く関わっていくことになり今に至ります。

 

ゲームは僕の人生を語る上でなくてはならないものです。

ストーリー性のあるゲームで考え方や価値観を学び、感性を高めていった他、
対戦ゲームで国や世代を超えてたくさんの人と交流するキッカケを作っていきました。

 

ライトニングいがらし、マネージャーを目指す

ゲームが好きだったので、
子どもの頃の将来の夢はゲームクリエイターになることでした。

その為、高校卒業後はゲームクリエイターになる為の専門学校に進学します。

 

そして、専門学校の1年次に東日本大震災が発生しました。

この時、何もできずにただただ家に籠るしかなく、自分の無力さを思い知り嘆きました。

 

一方で、現場で活躍する自衛隊やレスキュー隊、
ボランティアと心のケアにあたる芸能人たちを見て、
「身体一つでここまで人の力になれるのって素晴らしい!自分もそうなりたい!」と憧れました。

 

ただ、歌もダンスも芝居もできない自分が今から芸能人になるのは難しいと判断し、
マネージャーという形で間接的に人の役に立てる自分になろうと決め、将来の方向を転換していきました。

 

この時、学校の先生には反対されましたが、
両親は「好きなようにしなさい」と言ってくれました。

高い学費を払ってくれながら、方向転換することを許してくれたことを今でも感謝しています。

 

就活するにあたり、
少しでもマネージャーの仕事に活かす経験をしようと様々な活動をしました。
(コミュニティラジオの番組制作・編集、マスコミ系就活コミュニティのまとめ役など)

しかし、就活は簡単ではありませんでした。

 

面接では

面接官

「プログラミングを学んでいるなら、

弊社のタレントのファンクラブのアプリ開発に興味はありませんか?」

と、マネージャーではない別部署を勧められてしまうことが多々ありました。

 

それでも、最終的には芸能プロダクションにマネージャーとして入社することができました。

 

僕が入社した会社は始めから社長面接でした。

社長は明らかに応募条件を満たしていない僕を、
自己PR書と面接で、熱意と問題解決能力を汲み取って採用してくださいました。

 

しかし、マネージャーとしての生活はそう長くは続きませんでした。

 

関連記事 ↓↓↓↓

芸能プロダクションはブラック企業が多いって本当!?元芸能マネージャーが教えるマネージャーの仕事内容と待遇の実態

 

ライトニングいがらし、マネージャーをクビになる

マネージャーの仕事はとてもハードで、大好きなゲームも全くやらなくなりました。

 

それでも、社長やタレントさんにはたくさん可愛がっていただいたので、
始めは楽しく働くことが出来ました。

 

僕の目標は立った一つ、
社長に恩返しをしつつ「世の中に夢を与えられるスターを育てたい」
という想いだけでした。

 

しかし、同僚の体調不良をキッカケに、
それまでほとんど関わりのなかった上司と接するようになります。

 

その上司はこれまでも数々の後輩マネージャーをこき使い、
体調不良からの退職に追い込むことでよく知られていました。

 

始めは関わりが薄く問題はありませんでしたが、
次第に深く関わることで扱いが雑になり、たくさんのパワハラを受けました。

 

「お前なんか辞めちまえ!」と毎日のように怒鳴られ、
プライベートの移動でもタクシー代わりに使われ、酷い時には暴力を受けました。

 

関連記事  ↓↓↓↓

芸能界では当たり前!?元マネージャーが芸能プロダクションで経験したブラック企業エピソード4選

 

心と身体は限界で次第に仕事でのミスが増え、
担当していたタレントさんや社長の信頼を失い、最終的にクビを言い渡されます。

 

新卒の僕はこの会社で生きるしかないと思い込んでいた為、
クビの宣告を受けた時は本当に人生が終わったなと思いました。

 

職を失い、お金と信頼も失ったと思っていた僕でしたが、そうではありませんでした。

辞めた後も親友・タレントさんなど、たくさんの方の助けと新しい出会いがあって徐々に復活していきました。

 

ライトニングいがらし、ストーカー被害に遭う

年齢=彼女なしの非モテの道を歩んできました。

 

高校卒業までは初めての方と話すのがすごく苦手だったし、
女性に対する苦手意識が強かったです。

 

はじめての告白はタイミングを逃し、新宿の駅ナカで大失敗に終わりました笑

 

25歳頃から改善されてきましたが、
26歳のある時、非モテをこじらせストーカー被害に遭いました。

 

関連記事 ↓↓↓↓

【衝撃告白】当時26歳男性の僕が遭ったリアルなストーカー被害体験記

 

とにかく恋愛に関してはほぼほぼ失敗だらけです。

 

こんな非モテの僕でも幸せな結婚生活を送れることを証明し、
非モテ男子の希望になることを目指します笑

 

どうしてブログを書く事にしたのか

それは、一人のスマブラーとの出会いがキッカケでした。

 

CaptainJackとの出会い

『スマブラ』の大会にも参加するようになったのは、
マネージャーを辞めた後のことでした。

 

その頃から、Twitterで同じゲームをやっている人たちと少しずつ繋がるようになりました。

 

大会に出ている『スマブラ』ガチ勢をフォローしているうちに、
ある時一人圧倒的な異彩を放つスマブラーを見つけます。

 

それがプロゲーマー&プロブロガーのCaptainJackさん(@CaptainJacksan)でした。

 

多くのスマブラーはゲームに関するツイートか日常の何気ないツイートしかしません。

でも、Jackさんは違っていました。

 

ブログを書いており、そこに書いてあったプロフィール記事があまりにも面白く衝撃的だったのを今でも覚えています。

 

詐欺師に騙され、借金を背負ってしまったJackさんと、
上司にパワハラを受け、貯金0でクビになった自分

 

過去の経験が重なり、その生き様に共感しました。

 

そして大きなマイナスを背負ってもなお、苦労や失敗を笑いに変えて生きるJackさんを見て、
僕もこんな人になりたいと思いすぐにコンタクトを取りました。

 

Jackさんとは家が東京と京都で離れていましたが、
僕が大阪の『スマブラ』の大会に行った時に初めて直接会いました。

 

そして会うのが2回目のタイミングで結婚式の二次会に呼んでもらっていました笑

その後、Jackさんは休止していたブログを本格的に再開し、
努力の末にプロゲーマー&プロブロガーになりました。

 

CaptainJack
「ヒカルちゃんもブログ書いたらええやん」

 

Jackさんにそう言われたのをキッカケに、僕もブログを書き始めました。

 

しかし、少し書いては日常の仕事に追われるとブログの更新も止まり、僕は何度も何度もサボってきました。

 

それでも、今こうして書き続けられているのはJackさんが主宰の“伸びシロサロン”のおかげです。

初心者にも優しく、分からないことを質問すると誰かしらが答えてくれる温かい雰囲気は、
ブログをちゃんと始めたばかりの僕にとっても居心地が良くて心強いです。

 

ブログ初心者にとって、一番辛いのは一生懸命書いた記事を誰にも見てもらえないことです。

 

それが、サロンにいることで感想やアドバイスをもらえたり、
一緒に頑張ろうとするブロガー仲間ができたことで書き続けられています。

 

もし、僕と同じようにこれから本格的にブログを始めたいという方がいたら、伸びシロサロンはとてもオススメです。

 

幸せな人を増やしたい

新卒1年半でクビ。

貯金は0で家賃は8万1000円+多額の奨学金あり。

 

当時はこの状況に絶望し、自分の人生は終わったなと思った時もありました。

でも、ブログならこれらの経験もすべてプラスに活かせます。

 

クビになった後、たくさんの人のご縁をいただき、
心が回復して少しずつ内面も外面も磨かれてきました。

そのおかげさまで自分の人生に希望も見えてきています。

 

自分がしてもらった事を今度は先の人へ。

このブログを通して、自分と同じように悩み苦しむ人の助けになれたらと思っています。

 

今後は何を目指すのか

僕がやりたいことをリストにしました ↓↓↓↓

潜在意識を覚醒させよう!「人生のやりたい100のリスト」を公開!

 

僕が今後目指すものは大きく3つあります。

 

プロブロガー

自分の得意分野と失敗経験を活かし「ゲーム・働き方・恋愛」の3つを軸に発信していきます。

 

ゲーム

ガチよりの考察とゲームを通じて得た学びや出会いについて書きます。

「家族や友達の中だと一番強い人」を目指すちょいガチ勢向けです。

 

働き方

ブラック企業勤務の経験から理想の働き方を模索して書きます。

主に地方に住む低所得層向けです。

 

恋愛

これまでの失敗とこれからの進展をオープンにしつつ、
理想の結婚生活を送ることを目指して書きます。

こちらも主に地方に住む低所得層向けです。

 

過去の失敗やこれからの挑戦、それらをすべて活かせるのがブログです。

 

僕は自分の生き様をコンテンツ化してプロブロガーになります。

 

プロゲーマー

僕が一番好きなゲーム『スマブラ』。

2018年12月7日にニンテンドーSwitchで新作の『スマブラSPECIAL」が発売されることが決定しました。

僕はこの『スマブラSP』で世界一を目指します。

 

僕は、ただ強いからなっただけのプロゲーマーではなく、人間性や話題性も含めてのスター選手を目指しています。

 

こうした目標を持つプロゲーマーになることでゲーマーの社会的地位を上げ、
世のゲーマーたちが「ゲームをやってて良かった」と思える社会づくりに貢献することが僕の夢です。

 

これが僕の一番やりたいことです。

 

関連記事  ↓↓↓↓

ガチゲーマーの僕が考えるゲームをやる意味とは

 

地域の活性化

最後に、自分が成し遂げたいことが地域の活性化です。

 

僕は福島県の会津地方の出身で、その中でも僕の地元はほぼ限界集落のような地域です。

過疎化は進む一方で、その一番の原因は仕事がないことです。

 

住む場所を選ばないブログなどで収入を増やしつつ、
ゆくゆくはそのお金を地域活性に使おうと考えています。

 

そして、地元の人に田舎でもできる稼げる方法を教えたり、
農業や観光の形を見直して仕事として携われる場所を増やします。

 

地域活性を進める中で、
いつか自分の会社で作った地元の名産品をゲーム大会の賞品にしたり、
会社でプロゲーマーなどのスポンサードをしようと思います。

 

終わりに

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

是非これからも当ブログをよろしくお願いします。

 

Twitter(@Ligarashi_blog)もやってますので、是非フォローしてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です