育成論

【FEH】伝承マルスの育成論まとめ(ファイアーエムブレムヒーローズ)

この記事は、FEHの伝承マルスの育成論についての記事です。

 

ライトニング
ライトニング

伝承マルスはどのスキル編成が一番強いんだろう?」

「どんな運用の仕方をすれば良いのかな?」

 

こういった悩みに答えていきます。

 

伝承マルスの評価

伝承マルスは歩行剣のキャラクターです。

能力は速さが高く、魔防は低めで、他は平均以上の高さです。

 

専用武器の「神剣ファルシオン」には速さ+3と竜特効に加え、戦闘中、攻撃・速さ・守備・魔防が自分が受けている攻撃・速さ・守備・魔防の強化の値だけ上昇(能力値ごとに計算)の効果が付いています。

 

ピックアップ時のみ、星5限定で登場します。

その為、無課金で10凸することは難しいものの、無凸でも相当な強さを発揮します。

 

差別化すべきキャラクター

 

同じ歩行剣のキャラクター

名前 HP 攻撃 速さ 守備 魔防
伝承マルス 40 34 36 32 21
マルス 41 31 34 29 23
アイラ 41 33 37 31 21
ワユ 38 32 40 28 25
伝承アイク 41 36 30 35 21
カアラ 42 35 40 23 22
総選挙セリカ 38 33 39 29 24

 

他キャラクターに比べ、伝承マルスが秀でているものはありません。

しかし、専用スキルが3つも存在し、そのどれもが強力で環境を変えうる力を持ちます。

 

竜キャラ以外の青キャラを避けつつ、主に竜キャラと緑キャラ全般を相手に役割を持たせていきます。

 

仮想敵

 

・竜キャラと緑キャラ全般など

専用スキル「封印の盾」により、竜キャラに対して圧倒的な強さを誇るため、対竜キャラは伝承マルスに一任することもできるでしょう。

 

その他、速さも守備も高いため、緑キャラはもちろん同じ剣キャラにも互角以上で渡り合える点も大きな強みです。

 

伝承マルスのおすすめ個体

速さ↑ 魔防↓

 

「神剣ファルシオン」の効果で基準値でも速さ39とかなりの高さを誇りますが、更に高めて「炎の紋章」の威力を上げつつ、更に追撃の可能性を高める速さ↑がおすすめです。

 

守備の高さも相まって物理攻撃なら青キャラでも攻撃59の攻撃までは耐えられる他、仮想敵の竜キャラはワンパンで倒せることが多いので、魔防↓としました。

 

能力の総合値が163のため、個体値による闘技場の査定への影響はありません。

 

伝承マルスのおすすめスキル編成

闘技場などの通常時と、フレンドに貸し出す大制圧戦時に分けて解説します。

 

通常時(初期スキル対竜キャラ一任型)

スキル名 習得キャラ
武器 神剣ファルシオン
補助 引き戻し バーツ:★3など
奥義 炎の紋章
A 攻撃速さの絆3
B 封印の盾
C 歩行の柔撃3
S 近距離防御3

 

武器スキル:神剣ファルシオン

伝承マルスの専用武器スキル。

鼓舞系のバフを戦闘中2倍にする破格の効果を持ちます。

個人でも強化できますが、パーティ単位でしっかり考えたいキャラクターになりました。

 

補助スキル:引き戻し

危険範囲から味方を逃がすための安定したスキルです。

 

奥義スキル:炎の紋章

伝承マルスの専用スキル。

攻撃性能と補助性能を兼ねる唯一無二のスキルと言えます。

「神剣ファルシオン」の効果で自身の強化は2倍になるため、破格の強さを持ちます。

英語名は「Fire Embrem」

最初の主人公であり、伝説の英雄王である伝承マルスに相応しい奥義スキルです。

 

Aスキル:攻撃速さの絆3

味方と隣接時に発動するため、「攻撃の鼓舞」などと合わせて使い、能力を倍増させましょう。

 

Bスキル:封印の盾

伝承マルスの専用スキル。

相性激化でも付けられない限り、一方的に竜を倒せるようになります。

環境を大きく変えゆる力を持った破格のスキルと言えます。

 

Cスキル:歩行の柔撃3

使い方が難しいスキルですが、アタッカーキャラをサポートするように使いたいところ。

伝承リンなどの速くて受け向きのスキルを持つキャラと相性が良いスキルです。

 

Sスキル(聖印):近距離防御3

高めの守備をさらに引き上げ、同じ剣キャラとの戦闘を優位に進めるためのスキルです。

鼓舞系スキルで強化すれば、壁役としても鉄壁の強さを誇ります。

 

通常時(先陣を切る無双型)

スキル名 習得キャラ
武器 神剣ファルシオン
補助 引き戻し バーツ:★3など
奥義 炎の紋章
A 鬼神飛燕の一撃2 アイラ:★5など
B 風薙ぎ3 アルム:★5など
C 攻撃の紫煙3 スズカゼ:★4
S 速さの紫煙3

 

Aスキル:鬼神飛燕の一撃2

竜キャラを一撃で倒す&「風薙ぎ」の効果発動の幅を広げるためのスキルです。

 

Bスキル:風薙ぎ3

速さの高い伝承マルスと相性の良いスキルです。

一方的に攻撃してデバフを撒くことに加え、「炎の紋章」を発動すれば耐久面でも圧倒的な強化で、受け時に敵を一掃してくれます。

 

Cスキル:攻撃の紫煙3

「風薙ぎ」や「炎の紋章」と合わせて使うことで、デバフの面から伝承マルスの耐久力を上げる目的で使います。

 

Sスキル(聖印):速さの紫煙3

受け時に伝承マルスが追撃を取る幅を広げることで、「炎の紋章」の回転速度を上げることができます。

 

通常時(超強化で受けから一掃する型)

スキル名 習得キャラ
武器 神剣ファルシオン
補助 引き戻し バーツ:★3など
奥義 天空 クロム:★5など
A 遠距離反撃 ヘクトル:★5など
B 攻撃守備の連携3 スミア:★5
C 魔防の波・奇数3 水着タクミ:★5
S 遠距離防御3

 

奥義スキル:天空

回復しつつ戦うことで継戦力を高めることが目的です。

 

Aスキル:遠距離反撃

「神剣ファルシオン」の効果で超強化した伝承マルスが遠距離反撃可能になることで、一部の青魔キャラを除いたすべて敵を受けで倒し切るためのスキルです。

 

Bスキル:攻撃守備の連携3

自身で超強化を実現するために必要なスキルです。

「引き戻し」「回り込み」などの移動系補助スキルを使うと、自身とその対象となったキャラの攻撃と守備を+6してくれます。

 

Cスキル:魔防の波・奇数3

同じく自身で超強化を実現するためのスキルです。

ターン数を見極めて戦闘させるようにしましょう。

 

Sスキル(聖印):遠距離防御3

連続して攻撃を受ける際は遠距離の攻撃を受けることが多いため、「遠距離防御」にしました。

 

大制圧戦時(先発型)

スキル名 習得キャラ
武器 神剣ファルシオン
補助 回り込み セツナ:★3など
奥義 天空 クロム:★5など
A 遠距離反撃 ヘクトル:★5など
B 攻撃守備の連携3 スミア:★5
C 攻撃の紫煙3 スズカゼ:★4
S 剛剣3

 

補助スキル:回り込み

積極的に前に進軍する目的の他、「攻撃守備の連携」を発動するためのスキルでもあります。

 

Sスキル(聖印):剛剣3

「攻撃守備の連携」で攻撃が上がったり、「攻撃の紫煙」で相手の攻撃が下がるため、「柔剣」ではなく「剛剣」にしました。

 

大制圧戦時(9人目以降型)

スキル名 習得キャラ
武器 神剣ファルシオン
補助 相互援助 セツナ:★3など
奥義 炎の紋章
A 攻撃速さの絆3
B 救援の行路3 カイン:★4
C 攻撃の紫煙3 スズカゼ:★4
S 速さの紫煙3

 

補助スキル:相互援助

弱った味方のもとに駆けつけつつ回復させたり、自らを「救援の行路」の対象とすることでさらに味方を呼び込むことができます。

 

Bスキル:救援の行路3

弱った味方のもとに駆け付けつつ、攻撃したり「相互援助」で味方を回復させましょう。

 

スキルによって先発でも9人目以降でも任せられる、大制圧戦に非常に向いているキャラクターと言えます。

 

伝承マルスのおすすめ支援相手

イシュタル総選挙ヘクトルなどの苦手な青キャラを倒せる緑キャラや強化スキルを持つキャラがおすすめです。

ファティアマト総選挙ヴェロニカサザなど

 

ファは青キャラに強いのはもちろん、「光のブレス」で自身と周囲2マスの強化ができるため、「神剣ファルシオン」を持つ伝承マルスを超強化できるのも強みです。

 

ティアマトは専用武器「傭兵団の斧」の効果により、伝承マルスの苦手な青キャラの攻撃を受けつつ倒すことができます。

また、「傭兵団の斧」を特殊錬成すると「魔防の指揮」の効果が付くため、その他の指揮系スキルと合わせて伝承マルスを強化することもできます。

 

総選挙ヴェロニカは専用武器スキル「フリズスキャルヴ」でバフとデバフの両方をバラ撒けるため、同じくその効果で「神剣ファルシオン」を持つ伝承マルスを超強化できます。

物理攻撃と特殊攻撃の違いもある他、超強化した伝承マルスを回復しつつ「業火疾風の祝福」でも強化できる役割も持たせられるため、非情に相性が良いです。

 

サザ総選挙ヴェロニカと同じ理由です。

 

味方による強化が大きいキャラのため、味方のCスキルなどは特に意識して編成するようにしましょう。

鼓舞系スキルと紋章系スキルを組み合わせれば、伝承マルス一人だけで敵軍を全滅させることも夢ではありません。