オピニオン

【ブログ炎上対策】アンチに負けるな!発信者となる上で身につけたい心構え

この記事は、ブログなどの発信をしたら炎上してしまい困っている人に向けての記事です。

 

[voice icon=”https://ligarashi.com/wp-content/uploads/2018/06/616B8F19-267B-4783-87CA-4D963DE2892A.jpeg” name=”悩める人” type=”r”]

「知らない人のところまで燃え広がって止めようがない。。。」

「炎上しても耐えられるメンタルを身につけたい。」

[/voice]

 

こういった悩みに答えていきます。

 

僕自身、昨日投稿したこちらの記事が賛否両論を生んで燃え広がっています。

【衝撃告白】当時26歳男性の僕が遭ったリアルなストーカー被害体験記この記事は、僕のストーカー被害体験記です。 今ストーカー被害で悩んでいる方・過去のストーカー被害で心の傷が癒えていない方の...

 

[voice icon=”https://ligarashi.com/wp-content/uploads/2018/07/71F70DEE-524A-481A-A2C0-D5F30FAEA499.jpeg” name=”応援する人” type=”l”]

「勇気を持って多くの人に伝えられてすごいです!」

[/voice]

 

[voice icon=”https://ligarashi.com/wp-content/uploads/2018/07/C64034EA-392C-4120-9FA2-EF204F1E944C.jpeg” name=”叩く人” type=”r”]

「これはあなたが加害者なのでは?」

[/voice]

 

こうしたの反響にメンタルへのダメージはありますが、それでも崩れることなくやれています。

 

この記事で炎上する仕組みを理解し、対策を学んで乗り越えていきましょう。

 

炎上するブログの特徴

始めに、炎上しやすいブログの特徴を紹介します。

 

炎上しやすいジャンル3つ

男女の性的なことが関わる話

お金・政治・宗教

エンタメの批判

 

性的な話はコンプレックスをダイレクトに刺激し、お金や宗教は価値観でぶつかります。

エンタメの批判はその作品を好きな人の反感を買いやすいです。

 

その為、これらのジャンルを扱う時は炎上することを覚悟し、炎上への具体的な対策も考えて臨みましょう。

 

そもそも炎上しやすいジャンルを取り扱うなという意見もありそうですが、性やお金の話は生きていく上で切っても切り離せない話なので需要もあります。

 

このことを理解し、炎上しやすいジャンルを取り扱う時は注意して発信しましょう。

 

ブログが炎上した時の対策

まず、批判されたらその種類を見分けましょう。

 

批判というと悪く取られがちですが、批判の中にも改善のキッカケとなる的を得たものもあるからです。

 

批判には大きく分けて2つの種類があります。

改善案がわかる建設的な批判叩きたいだけの建設的でない批判です。

 

今回、実際に来た僕への批判を例に話していきましょう。

 

建設的な批判(意見)

Q.ブログに公開したことをストーカーしてきたA子さんにバレたら危険なのでは?

 

A,僕とA子さんの間に共通の知り合いがいないのでバレる可能性は低いです。

また、A子さんの身バレをしないようにしてるので、A子さんへの被害も防いでいます。

 

Q.ゴムアレルギーの人でも使えるコンドームがあるのを知らないの?

 

A.知りませんでした。。。

教えてくれてありがとうございます!

 

叩きたいだけの批判

Q.自業自得。中出し生セックスしてることを反省してないですよね?

 

A.記事の中で自分の自制心が弱かったと明確にしているので回答する必要はありません。

また、反省という言葉を使い、発信者の落ち込んだ姿を見たいだけなので相手にしなくて良いです。

 

Q.被害者面してるけど、被害者なのはA子さんですよね?

 

A.「男性=加害者」と決めつけてくるフェミニスト的な意見の人は相手にしない方が良いです。

合意の上でセックスをしていて、虚偽の申告で脅迫された側の僕を加害者と呼ぶ人とは絶対に意見が合いません。

ストーカー被害に悩む男性はこうした偏見の中で誰にも相談できず苦しんでいます。

 

提案をしているのか、叩くだけの批判をしているのかはこれでわかると思います。

 

すべての批判に対して丁寧に対応した方が良いという意見もあるかもしれませんが、叩いてくる人はこちらの対応にかかわらず叩きたいだけなので反応してはいけません。

建設的は批判にのみ誠実に対応しましょう。

 

その為、批判を受けたらその種類を冷静に見分けることが大切です。

 

ブログで伝えたかったことを明確にしよう

批判を受けたら、自分はブログを通して何を伝えたかったのか振り返ってみましょう。

 

自分が伝えたかったことを明確にすると、その批判が建設的なものであるかどうかの基準がはっきりするからです。

 

誰かの役に立ちたいのか。

自分が目立ちたいのか。

お金の為に書いたのか。

 

ここをはっきりすると批判を受けてもブレることはありません。

 

僕のストーカー被害を受けた記事は2つの目的がありました。

 

男性でもストーカー被害を受けることを知ってもらい、少しでも偏見を取り除いてもらうこと。

今ストーカー被害で悩む方の目に留まり、その方が誰かに相談するキッカケにしてもらうことでストーカー問題を解決する手伝いをすること。

 

その為に、出会ってから解決するまでの流れと、解決する中で得た知識をありのままに書きました。

 

もちろん、今回のように筆者の僕にも非があるところはちゃんと認めなくてはいけません。

相手だけが悪いわけではないことを示すために、自分自身の非も明らかにしました。

 

何を伝えたかったのかを明確にすれば、批判を受けてもブレずにいられるので、発信する目的を決めて忘れないようにしましょう。

 

最後に

叩きたいだけの批判をする人は、その時点で発信した人に負けています。

 

自分に何の被害もないところで相手を批判する様は、ネットの人がよく言うマスゴミと変わりません。

昼間のワイドショーのコメンテーターのように、有名人を晒し上げにして場外からマウントを取ってくる人のようになってはいけません。

 

芸能人が不倫をしたこと。

知ってる人が誰かとセックスをしたこと。

 

そんなことははっきり言って当事者以外関係ないしどうでも良いことです。

 

他人を評価して裁かない優しさ。

他人の目を気にしないで生きる強さ。

 

これを身につけると圧倒的に生きやすくなります。

 

もし、それでも炎上を耐えられなくなりそうな時は元スーパーアフィリエイター、現若ハゲ社長ブロガーへと転向したクロネコ屋(@NINJAkusokuso)さんの言葉を思い出してください。

 

あなたが発信者としてのレベルを上げ、悩む誰かを救う発信ができることを応援しています!